start and...

『自分や人生を変えたい・・・遅すぎるなんてないよね?』ちょっと不安を抱きながらも試行錯誤、チャレンジ、挑戦、もがきたい・・・!日常の出来事や経験、思ったこと、うつ・パニック・不安、愛犬ポメラニアンのことなどを綴っていきます。気持ちの整理も兼ねて書くから文章がまとまっていないこともあるかも?

スポンサーリンク

茶碗蒸しと言葉。

最近、回転寿司の茶碗蒸しを食べてみたいのだけど、いつも食べずに終わる。

理由は、2つ。

1つ目は、私は量を食べられる方ではないので茶碗蒸しを食べると、食べられるお寿司の量が減ってしまうから。

2つ目は、絶対に私が求めている味ではないから。

私が食べたいのは、祖母が作った甘〜い茶碗蒸し。

父方の祖母は、去年の10月に亡くなった。

母方の祖母は、入院している。

どっちの茶碗蒸しも大好きだったけど、もう2度と食べられない味。

地域的なものか、甘〜い卵液に栗の甘露煮。鶏肉、しいたけ、銀杏、三ツ葉…だったっけな。

 

父方の祖母は、病院に運ばれた時点でもうできることがなかった。

それから4年近く入院していた。

96歳、いつ何があってもおかしくない状況…。

だから、心の準備をする時間は十分すぎるくらいにもらった。

でも、そのせいか、亡くなったという実感があまりなかった。

それが、4か月も経った今、こみ上げてきている。

私は、「別れ」というものが苦手だ。

得意な人なんていないか。

寂しさや悲しさ、楽しかった思い出…あらゆる記憶や感情がうまく処理できない。

今回は、意外と変わらずに生活できていたから、うまく受け止められたんだと思ってた。

でも、今更、寂しさや悲しさが湧いてきて涙が止まらない。

それと同時に、いつも別れ際にかけられた「頑張れよ〜!」という言葉に、昔みたいに「うん。」と答えられない自分がいる。

自分に問いかける、「私、頑張れているか?」と。

いや、頑張れていない…

ごめん、まだ、頑張れない…

そんな自分が、情けないような、頑張りたいけどもう傷つくのは嫌で、それならいっそ何もしない方が安全なんじゃないかって…思ったりする。

何もしないのは何もしないなりに失うものもあるんだけど、行動起こして何か失うよりはダメージ小さい気がする。

得るものもないけど。

たぶんね、ずっと忘れられないと思うんだ、あの「頑張れよ〜。」

ふとした瞬間に声をかけられている気がする。

優しく。

同時に、これからは自分に問いかけていくんだと思う。

「私、頑張れているのかな?」

いつか、また、「うん。」と答えられるようになりたい。

そのために、今、できることをする。

無意味に見えても、ちっぽけに見えても、そうゆうものを積み重ねていく。