start and...

『自分や人生を変えたい・・・遅すぎるなんてないよね?』ちょっと不安を抱きながらも試行錯誤、チャレンジ、挑戦、もがきたい・・・!日常の出来事や経験、思ったこと、うつ・パニック・不安、愛犬ポメラニアンのことなどを綴っていきます。気持ちの整理も兼ねて書くから文章がまとまっていないこともあるかも?

スポンサーリンク

インフルエンザ予防接種の勘違いとか。

インフルエンザの予防接種は筋肉注射だから痛いという噂を信じていたけど、あれは皮下注射らしい。

 

コロナのワクチン接種の映像を見るたびに「なんで腕に対して垂直にぶっ刺す?骨刺さってない?いたそ…」と思っていたけど、筋肉注射であるコロナワクチンは垂直にぶっ刺さないといけないらしい。

でも、想像するだけで痛そうだし、骨まで刺さってそう。

(実際は、斜めに針を刺す皮下注射より垂直に針を刺す筋肉注射の方が皮膚を貫く面積が小さいから痛みは少なく、骨も無事らしい。)

大丈夫と言われても、見た感じが痛い…。

まぁ、ワクチン接種受けるとしても、私が受けるのは半年以上先だし、「かかったらかかった。死んだら死んだ。なるようにしかならない。苦しむくらいならすぐ死にたい。」程度にしか生きることに執着のない私は落ち着いた頃に受けに行く予定なので、まだまだしばらくは様子見。

でも、私が様子見してる間にワクチン打った人が感染対策放棄し始めて感染拡大の波にのまれて苦しむハメになったら最悪だな。

コロナ感染者が「私、死んじゃうのかな。」と不安でたまらないと話しているのをニュースで見ると、「なんでそんなに生きることに執着できるんだろ?」と冷めた目で見てる自分がいて、そんな私は一体なんなんだろうかと思う。

最近、『時間が解決してくれる』ということをなんとなく理解し始めたんだけど、まだまだ、ようやくその入り口に立てたところなんだろうなと思った。

色々なことに絶望して、ゼロなのかマイナスなのかまでおっこちて、進んでは戻り。

自分自身、精神的な症状、頑張ろうにもどうにもできなかった。

意地でどうにかしようと思ったことも何度かあったけど、理想通りにはならなかった。

今でもたまにすごく苦しくなる。

けど、私にできることなんて少ないけど、できることをする、できることを続ける、今あるものをちゃんとやってみる…諦めるけど諦めきらないということを続けてきて、ちょっと自分が回復し始めた気がする。

 

会社を辞めて3年。

髪を乾かす10分が耐えられなくて、立っていられなくて、ドライヤーを持っていられなくて、美容師さんにできるだけ短くと言い続けて強烈なクセ毛の髪をショートにしたこともあった。

そんな私が、髪を伸ばそうと思い始めた。

ちょっとだけ余裕ができたのかもしれない。

見た目は普通、中身はぐちゃぐちゃで空っぽな私をちょっと前進させてくれたもののひとつに、間違いなく時間はあると思う。

まだまだ、進んでは戻りを何年も繰り返すんだろうけど、いつか時間が解決してくれると思う。

でも、時間任せにはしないでできることをしよう。

何があったって生きてはいかなきゃいけないから。