start and...

『自分や人生を変えたい・・・遅すぎるなんてないよね?』ちょっと不安を抱きながらも試行錯誤、チャレンジ、挑戦、もがきたい・・・!日常の出来事や経験、思ったこと、うつ・パニック・不安、愛犬ポメラニアンのことなどを綴っていきます。気持ちの整理も兼ねて書くから文章がまとまっていないこともあるかも?

スポンサーリンク

足がデカい?いや、みんなもデカイんだよね?え、違う?

スニーカーがボロボロなのでそろそろ買い替えたいと思っていて、結構前から靴屋さんをのぞいてどんなスニーカーにしようかと考えていました。

優柔不断ですぐには決められないのであらかじめ考えていたのです。

 

「決めた、コンバースの黒とアーノルドパーマー(?)の白(赤のワンポイント入)にしよう!」

 

駅ビルに入っている靴屋さんへ。

24.5をはいてみると、まさかのキツい!

足、また大きくなった…?

仕事を辞めてパンプスからスニーカー生活になり、ノビノビできた足が成長した…?

店員さんにサイズを見てもらうと、ない。

それならばこっちはどうかと何点か見てもらうと言われたのが「うちには基本24.5までしか入ってこなくて、25もたま〜に入ることはあるんですけど…」。

そっか、ここレディースターゲットの駅ビルだもんね。

25を求める客ってそんなにいないのか。

そっかそっか、なんとなくそんな気はしてたけど。

「23.5ありませんか?」ってきく女の子の後に「25ありませんか?」ってきくおばさんは恥ずかしいのよ。

ちなみにコンバースもパーマーもサイズなくて断念。

 

別日、試験を受けた帰りにABCマートへ寄ってみた。

トレンド押さえた靴を揃えてるんだろうけど、高いし、欲しい靴がなかった。

私は、1万超えの流行り、新作の高いスニーカーが欲しいのではなく、5千円前後のノーマルなスニーカーが欲しいのです。

厚底とかハイテクとか履きこなせませんから!

1万超えなんて汚れるのが怖くて履けません。

 

別日、靴流通センターへ。

「靴流通センターならサイズも在庫も豊富でしょ!」

コンバースの黒とアディダスの白(ピンクっぽいオーロラみたいなラインが3本入)にきめてサイズ探し。

はい、ない。

どうやらレディースコーナーから探し始めたことが間違いだったと悟る。

店員さんとメンズコーナーに移動するも、25はなし。

しかも、白スニーカーはレディースだとかわいいワンポイントが入ったのが何種類もあるんだけど、メンズは白は白、黒は黒、たまに緑ポイント…ってかんじでthe殺風景。

でも、目の前にあるものから決めなきゃと色々見てみるも、やっぱり気にいるものがない。

 

夫には「足デカすぎんじゃないの?」って言われるけど、どちらかといえばデカイ方だという自覚はある。

24以下ははまらないし、M以下もはまらない。

24.5以上、L以上じゃないとはまらない。

でも、私が靴を買いに行って24.5とか25がないのって売れたってことだよね?

ってことは、世の人々が24.5とか25を求めてるってことで、私が足デカイんじゃなく、みんな足でかいんじゃないの?

っていう主張を夫にしたら、「そもそもレディースでその大きさは需要がないから作ってる量も少ないから在庫ないんじゃないの?23.5とかは需要があるからいっぱい作ってて在庫もあるんじゃないの?」と返される。

そう言われればそんな気もするけど、在庫がないってことは需要があるんですよ、少なくともここには!

つまりは、私はレディースでは大きすぎてサイズがない、メンズだと小さめなのか売れるサイズなのか知らないけどサイズがない…そんなサイズ帯にいるらしい。

物によって25じゃなきゃダメってのもあるし、物によっては24.5じゃなきゃダメってのもある。

ちょうどレディースとメンズの間にいるらしい。

ただ、ひとつ言えるのはかわいいスニーカーを選べることは少ないってことかなぁ。

36にもなってかわいいスニーカーですかって気もするけど、何もピンクのリボンついたスニーカーがいいって言ってるんじゃない。

ちょっとワンポイント傘マークついてたり、見る角度によっては白とかピンクに見えるラインが入ってたり、そんな程度です。

それすら望めないなんて悲しいなぁ。

 

で、悲しい気持ちいっぱいなんだけど、いつもはいてるスニーカーは底がすり減って穴空いて雨の日しみてくるし、あとはスポーツ用のスニーカーしかないので、急いで探さなければいけません。

靴は物によってあうサイズが違うから通販は面倒で。

もうちょっと実店舗巡って頑張ります。